健康管理士

健康管理士一般指導員の過去問(練習問題)Part2

今回は、練習問題Part1の第2弾です!

まだの人はやってみてね!

練習問題①

問1.世界保健機関(WHO)による定義を述べなさい。

問2.一次予防から三次予防に至るまでの包括保健・医療を実践していくことは健康生活を守る上で重要である。
一次予防、二次予防、三次予防とは何か説明しなさい。

問3.【人口統計】人口静態統計と人口動態統計とは何か説明しなさい。

問4.平均余命と平均寿命について説明しなさい。

問5.健康寿命とは何か説明しなさい。

問6.疫学とはどのようなものか説明しなさい。

問7.タバコに含まれる代表的な有害物質を3つ挙げ、説明しなさい。

問8.オタワ憲章では、ヘルス・プロモーションをどのように定義付け、健康づくり戦略の目標としているか述べなさい。

問9.特定健康診査・特定保健指導の目的と対象者について説明しなさい。

問10.悪性腫瘍の特徴を3つ挙げ、説明しなさい。

練習問題①答え

問1.健康とは単に病気や虚弱でないばかりではなく、身体的に体力値が高く知的には適切な教育を受け社会には豊かな人間関係があり、精神的にも安定している状態であるものとする。

問2.
《一次予防》病気の原因を究明し、その原因を除去、是正したりすることによって病気にかからないように普段から健康増進に努めること。

《二次予防》病気になっても病気の症状が進展したり、また死に至ることがないように早期発見早期治療をしていくこと。

《三次予防》病気や障害の進行防止、病気の再発防止、機能回復、機能維持のためのリハビリテーションなど病気や障害にかかった後のこと。

問3.
《人口静態統計》人口の変化を一時的においてとらえたときの状態。

《人口動態統計》ある国や地域の人口は出生によって増え、死亡によって減少する。
このような人口の変動をある一定期間でまとめた統計のこと。

問4.
《平均余命》ある年の人口構成、出生、死亡の状況がそのまま継続するという仮定のもとに、ある年齢に達した人が今後平均して何年間生存できるかという統計的期待値のこと。

《平均寿命》その年に生まれた人が生存できると期待される年数、つまり0歳における平均余命のこと。

問5.健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のこと。

問6.ある集団の中で疾病などがどの程度発生し、蔓延しているかを数や率で把握し、なぜそのような状況になっているのかの原因を追求し予防医学に役立てること。

問7.
ニコチン…交感神経を刺激する作用があるため、末梢血管が収縮して血流が少なくなる。
その結果、血圧が上昇し脈拍が速くなることで心臓に負担をか血管の老化を促進させる。

タール…ベンゾピレンなどの発がん物質や発がん促進物質がたくさん含まれている。

一酸化炭素…酸素より約250倍も強い力でヘモグロビンと結び付き、体は軽い酸欠状態になる。
また動脈硬化を促進させる作用があり虚血性心疾患を引き起こす。

問8.
《定義》人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようになるプロセスである。

《健康づくり戦略の目標》すべての人々があらゆる生活舞台、労働、学習、余興、そして愛の場で健康を享受することのできる公正な社会の創造。

問9.
《目的》メタボリックシンドロームとその予備軍を早めに見つけ指導することで、糖尿病や心臓病などの生活習慣病を減らし、国の医療費削減につなげることが目的である。

《対象者》医療保険に加入している40歳~74歳のすべての人。

問10.
自律性増殖…正常な新陳代謝を無視して、自律的な増殖を繰り返す。

浸潤と転移…周囲の臓器にしみでるように広がったり、血液やリンパなどを通ってほかの臓器などに移ったりする。

悪液質…正常な細胞が摂取する栄養を奪い取ってしまう。